花まつり  令和6年4月25日(木)

 花まつりは、別名「灌仏会」(かんぶつえ)とも呼ばれるお釈迦様の誕生日をお祝いする行事で、
今年も、花まつりを開催させていただきました。
施設長からのお話で、お釈迦様は摩耶夫人の右脇から生まれたとされるが、その直後に七歩歩いて、立ち止まり右手で天を、左手で大地を指差し「天上天下唯我独尊」(てんじょうてんげゆいがどくそん)と説いたという逸話を話されました。花御堂に飾られたお釈迦様の像に甘茶をかけるのは、産湯の際に天に9匹の龍が現れ、甘露の雨を降り注いだという由来があり、甘茶をかけるようになったとのことです。

 ご利用者様一人ひとりのそばに誕生仏をお連れし、甘茶をかけていただきました。
今年も一年間、 皆様が無病息災で過ごせれるようにと念じました。










 

 

 最後に皆様で甘茶を頂きました。甘茶は、強い甘みが特徴的なノンカロリーのお茶です。
花まつりの時だけ頂ける特別なお茶で、皆様にとても喜んでいただきました。